レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2015年、ATPファイナル開幕

ATPファイナルが始まりました。

ジョコビッチ一択のような雰囲気の中での開幕ではありますが
他の選手もそんなこと言われてただ黙って準優勝狙いをしているようではいけません。

グループは今年からスタン・スミスとイリー・ナスターゼに分かれています。

《スミス》
 ジョコビッチ
 フェデラー
 ベルディフ
 錦織

《ナスターゼ》
 マレー
 バブリンカ
 ナダル
 フェレール

ポイント的に見てもメンバーは今年の8強です。疑いの余地はありません。
8位の錦織のポイントが4,035、9位のガスケが2,850ですから随分と差が離れていました。
7位フェレールと錦織の差が270、その上のベルディフとフェレールとの差が315ですから
この辺は比較的混戦模様となっています。実力が拮抗しているということで良い大会になるといいですが
これを完全に破壊しているのがジョコビッチで、フェデラーとマレーのポイントを足してようやく届く
というほどのかけ離れた位置での圧倒的なNo.1を確保しています。
そりゃ、誰もがジョコビッチ一択と言いたくなります。

しかもジョコビッチは大会とは相性が良いです。
このファイナルで勝てる選手というのはインドアに強く、
かつトップ同士の対戦に絶対的に強いという両方の要素を備えてないといけないわけですが
ジョコビッチは全く問題なくその両方を持ち合わせています。
5~10年前のフェデラーとの比較でも劣らぬ存在感と言えます。
まあ、そのフェデラーがまだ出ているというのももちろんすごいですが。

さて試合の方、グループスミス(っていう言い方でいいのか?言いにくいなあ)の方は最初の試合が行われました。
やや調子の落ちている錦織がジョコビッチに勝てる要素はさすがにありませんでした。
一年前だったらあるいは、だったんですが。
ジョコビッチはきわどいショットがどんどん決まる、錦織はきわどいショットが僅かに外れるという、
典型的な、好調王者と一歩及ばぬ挑戦者の対戦推移となりました。
僅差のようで僅差でないこのような展開は、場合によっては良い試合のように進むこともないではないですが、
結局は出だしの数ゲームで試合の決着もわかってしまいます。
1セットを失った頃には錦織の気力も完全に萎えてました。
この、健闘する相手をいなしての勝利、ここファイナルの舞台では過去にレンドル、フェデラーで何度も見た光景です。
思い返してみればサンプラスだけは少し勝ち方のイメージが違うんですよね。
もう見るからに圧勝か、あるいは接戦かのどちらかに傾く傾向にありました。
プレースタイルの違いも大きな要因だと思います。

さて、ジョコビッチの容赦ない完勝の後にフェデラーがベルディフを下しています。
こちらもストレートでの勝利でした。まだ1試合しか行われていませんが、
戦前の予想通り、ランキング順での結果となっています。

本日行われるグループナスターゼもランキング順の結果となるのではないか
という予想が大方を占めているようですが
未知数のスペイン勢がどう健闘してくれるのか楽しみにしたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/11/16(月) 10:38:27|
  2. 2015年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2015年、ATPファイナル グループナスターゼの初戦 | ホーム | 2015年パリとか>>

コメント

ナスターゼグループはバブリンカ一人が攻撃型で残り三人が守備型ということで、
バブリンカが攻めきれるかどうかに注目しています。
ジョコビッチの連勝を止めるのは本来マレーの役目であると思うのですが、
どうもジョコビッチ相手だと今一つ乗り切れないというか押し切れないので、
止められるのは好調のフェデラーかバブリンカなのかなと思っています。

いずれにしろ、ジョコビッチは圧倒的強さで年間を戦い抜きながらもいまだに
疲れを見せていないので、他の選手が覚醒しない限りは大本命でしょうね。
  1. URL |
  2. 2015/11/16(月) 11:29:01 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

錦織は体が十分に戦える状態ではないように見えました。痛みがあるようには見えませんでしたが全力で動くと痛みが
出るので抑えて動いているのかなと。とにかく動きが鈍かった。キレがなかった。次のベルディヒ戦ではっきりすると思いますが。
まあ今年はファイナルズに出れただけでも御の字だと思っているので、ご褒美だと思って無理のない程度にやってくれればいいかなと。
今シーズンは維持する年で来シーズンが本当の勝負だと思っているので、それに向けて体調を整えていってほしいです。
  1. URL |
  2. 2015/11/17(火) 01:50:38 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

こんにちは。錦織戦のスコアは確かにショックですが、昨年のグループリーグも皆同じようなスコアだったと思います。下り坂の調子の中、怪我には気をつけて是非一勝をあげて欲しいです。
ジョコのこの強さも今年だけでも記録的ですし、インドアなら2012年くらいから記録的ですし、もしあと1-2年続くとトータルでも最強説に名乗りをあげるのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2015/11/17(火) 02:32:53 |
  3. ぽーち #-
  4. [ 編集]

皆さま、コメントありがとうございます。

やはり今の状態の錦織ではトップ同士の連戦というのはきつそうですね。
もちろん、この大会は出られるだけでもめちゃくちゃ凄い事ですから、
大いに残りの2試合頑張って欲しいです。

ジョコビッチはもうすでに最強説に上げている人も結構いるようですね。
コーチにベッカーを迎えた時点でも個人的には既にベッカーよりは上にいるのではないかと感じていましたが
今ならば最早フェデラーやナダルと比べても遜色のない選手になってきつつあります。
ただ、こればかりはわかりません。票かというのは揺らぎますし、「今」というのは往々にして上に見られがちです。
ナダルも一時フェデラー以上との評価すらありましたが、
現在はまたフェデラーが盛り返しているのではないでしょうか。
もちろん単純にその時点でちらが強いかではなく歴史的にどちらが上かというと論点での話です。






  1. URL |
  2. 2015/11/17(火) 11:49:36 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/967-4ef608d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター