レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2015年、ATPファイナル終了

結局最後はジョコビッチでしたね。
やっぱり強いです。

今年は正にジョコビッチの年でした。
グランドスラム3大会制覇、1つは準優勝、ATPファイナル4連覇、マスターズ1000の6大会制覇
年初から年末までNo.1をキープ、年間82勝6敗、年間勝率.932、グランドスラム27勝1敗、
出場した16大会のうち15大会で決勝に進出、11タイトルを獲得、
グラス、クレー、アウトドアハード、インドアハードの4種類制覇
最終的なランキングポイントは16,585pt

これと同等以上の成績を収めた選手がこれまでいたかと言われれば探すのが困難です。
辛うじて2006年のフェデラーくらいじゃないでしょうか。
あとは1969年のレーバーとか、1938年のバッジとか、1925年のチルデンとか
比べようにも比べようのないレジェンド達しか対象となる選手がいません。

自身の2011年も記録的な大暴れをした年でしたが
全仏はベスト4だったし、後半の息切れが響いてファイナルの獲得はできませんでした。
今年の方が絶対王者感の強い1年だっと思います。
今年は全部で6敗しましたが、年初のカルロビッチに喫した敗退の何と邪魔な事か(むしろ微笑ましい)
そしてこれが今年決勝に進出できなかった唯一の大会ともなっています。

まあ実際にはカルロビッチ戦ではなく、全仏のバブリンカ戦なんでしょうね。
全てのテニス選手の全仏での大きな壁となっていたのがナダルですが、
ジョコビッチはそのナダルを下していたわけです。しかも簡単に勝ちました。
そんな中で勝てなかったというのは大きいです。

今年、ジョコビッチはフェデラーに3敗しました。しかし、5勝しています。
ほぼフェデラーしか勝てない選手というわけですが、
そのフェデラーも今年散々触れてきまた通り、本番前には勝てても
本番ではジョコビッチが勝ってしまうという状態でした。
むしろよく3回もフェデラーに負けたなあという印象です。

話を総合するとですね、カルロビッチへの微笑ましい敗退もなく、
バブリンカへの敗退もなく、フェデラーの3回の敗退もなかったとするならば
今年何と1回しか負けなかったことになるんですよ。
誰だ、その1回をやっている愚かで恥知らずな選手というのは。

さて、ジョコビッチは今年連勝というのも結構やっています。
中でも最終戦まで触れられていたのがインドアの連勝記録というものです。
38連勝でフェデラーに止められたことになります。
(因みに連勝前の最後の敗退は2012年パリのサム・クエリーです)

これって、単純に2年間負けなしで凄いぞ、ということだったんでしょうか?
昔はカーペットがありましたので明確にコート種別で切り分けができましたが
最近はインドアハードとアウトドアハードという切り分けになるため、
コート種別としては曖昧な感じになっています。
カーペットであればレンドルの66連勝というのが記録ですので
これに対比しているわけではありません。
また、カーペット連勝の次点はマッケンローで65連勝なのですが
これはインドアハードの10連勝を挟んでおります。
つまりインドアというくくりであるならばマッケンローの記録は75連勝なのです。

カーペットコートが完全になくなって以降のインドアハードでの記録ということならば
ジョコビッチの38連勝はもちろん最多になります。恐らくそのような考え方でいいのでしょう。
近年インドアの大会は少ないですから、38よりも2年間負けなしだったという点が
より高く評価される部分かもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/11/24(火) 11:14:59|
  2. 2015年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<2015年、フェデラーは15年連続でタイトルを獲得 | ホーム | 2015年、ATPマスターズRR終了>>

コメント

全英、全米に続いてフェデラーファンの希望が打ち砕かれました。
やはり大舞台ではジョコビッチなんでしょうか。
(シンシナティもマスターズですしゴールデンマスターズ達成は防ぎましたが・・)

録画はしてありますが、負けるとわかっている試合はなかなか見る気になれません(^^;

しかし、今年ジョコビッチに一番勝っている、というか、唯一複数回勝っているのが
現役最年長グループに属するフェデラーというのはどうなんでしょうね。

力が落ちてきているとはいえそれでもRR3戦全勝のナダルを寄せ付けずに
勝っていますし、もちろんジョコビッチが強いのは疑いようもないのですが、
もう1人2人、年間で複数回勝てる存在がいてもいいのではないかと思います。
特にあの人。

そういえば、2006年のフェデラーにナダル以外で唯一人勝っているのが、
若かりし日のあの人なんですよね。

ランキング2位ですし今年の総合成績は立派ですが、対ジョコビッチ戦は
もう少しなんとかならないものかと・・
個々の技量では大きく劣っているというわけでもないので、メンタル面が大きいのでは
ないのかなと思うのですが。

その辺も含めて来年がどうなるのか、気が早いですが楽しみです。
そして楽しかった一年がほぼ終わり、サイト更新の時期ですね。
管理人様は大変だと思いますが、楽しみにしているので頑張って下さい!
  1. URL |
  2. 2015/11/24(火) 13:29:26 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

>ラカン様

なんと、あのお方、10年前にそんなことをしてたんですね。
つまり、2006年と2015年を取り上げた場合、
フェデラー、ジョコビッチ、ナダル、バブリンカ、カルロビッチに次ぐ存在感の選手!!というわけですね。

さて、サイト更新、頑張ります。
ジョコビッチの数字がどうなるか気になります。
ナダルも意外と気になるんですよね。
両者の逆転現象もいくつかあるのではないでしょうか。



  1. URL |
  2. 2015/11/24(火) 16:53:26 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

今年のジョコビッチに比肩しうるものはいないかも…同感です。
30年テニス観戦してますが、ボルグ、マッケンロー、レンドル、フェデラー、ナダル いずれも最強時代に目の上のタンコブ的な存在 or 自信の心身の問題の取りこぼしがありました。
今年のジョコの取りこぼしはあえていえば全仏の決勝のワウンリカ戦ぐらいでしょう。その他はまぁ前哨戦的な位置づけでの余裕を持った敗戦とも言える気がします。

今年の総括では、是非 最強時代比較なんてのを企画頂けたらうれしいです。

…個人的な印象は最強はサンプラスなんですけどね。彼の場合全仏の弱さが際立ってしまいますよね。また、長年ナンバー1であったものの最強の年というのいつだったかも分かりにくい人でしたね。
  1. URL |
  2. 2015/11/24(火) 22:36:27 |
  3. カムイ #-
  4. [ 編集]

Au-Sagaさんの、あのスコットランド選手への特別な思い(笑)の理由は何なんだろう。
ぜひ知りたいなあ。そしてめっちゃオモロいから今後もどんどんやってほしい(笑)
  1. URL |
  2. 2015/11/25(水) 00:22:53 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

>カムイ様

最強選手の比較などは面白そうですね。考えてみます。

また、私も強いときのサンプラスは凄かったと思います。
ただ、それが一年を通じて一貫していなかったというのがありました。
一番強い頃でも小さな大会では結構負けていましたし
その意外な負け方の印象もまた強く残っています。
数字だけで言えば1993年がベストイヤーなのかなとは思うんですけど
私は95年や96年の方が強さの印象が上だったと思います。
99年なんかも年間通してということであればはランクも落としてて全然だったんですけど、
いざ本気になった時はやっぱり強いんだなあ、と思わせるものがありました。
サンプラスの場合は数字以上にプレーの印象が最強感を醸し出していますね。


>フェレールのくわえタオル様

いやー特別プレースタールが好きなわけでもないし、顔が好きというわけでもないし、
ナダルのように叔父が好きなサッカー選手だったなんてことももちろんないし、
フェデラーのように破格のチャリティ力を発揮しているわけでもないし、
コーチも(モレスモーでしょ)別に好きな選手だったわけじゃないし
私もイギリス住んでたことはありましたが、スコットランドではないし、
・・・ないんですね。特別な思い、よく考えたら無いです。

  1. URL |
  2. 2015/11/25(水) 09:16:21 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

WTF、歴代優勝選手の勝ち上がり

WTF、結局ジョコビッチでしたね。

とうとう4連覇まで行きました。

過去、4連覇する可能性があった選手といえば、おそらくレンドルとフェデラーでしょうか。

レンドルは、1988年にベッカーに敗れて4連覇を逃しました。
フェデラーの場合は3連覇もやっていませんが、無類の強さを誇った2005年のナルバンディアン戦に勝っていれば4連覇どころか5連覇の可能性もあったでしょう。返す返すも痛い敗戦です。

他に、一応ナスターゼも決勝でビラスに敗れて4連覇を逃していますが、不参加者も多い黎明期の記録であることを鑑みると、ナスターゼ自身の輝かしい実績を考えたとしてもそういった周囲の状況にも支えられた3連覇、4年連続決勝進出であったことは否めません。
特に1974年にコナーズが参加していたら、この年決勝に進んだかもわからないでしょう。
そのナスターゼも1976年にはコナーズ、ボルグとともに不参加となったわけですが。

サンプラスは優勝の間にちょくちょく決勝にも進んでいない年があります。
といってもそういった年でも準決勝まではしっかり来ているのですが。

サンプラスの初優勝は1991年、1990年から2002年の間で唯一グランドスラムで決勝に進出できなかった年ですが、マスターズカップは制しています。

翌1992年は準決勝でクーリエに6-7,6-7で敗れています。
1993年は決勝でシュティッヒに6-7,6-2,6-7,2-6で敗れ準優勝。
1994年にベッカーを破って2度目の優勝を果たしますが、1995年は準決勝でチャンに4-6,4-6で敗戦。
1996年はベッカー、1997年はカフェルニコフを破って2連覇を果たすも、1998年は準決勝でコレチャに6-4,3-6,6-7で敗れました。
1999年にアガシを破って5度目の優勝。これが最後の優勝と成りました。
そして最終出場の2000年は準決勝でクエルテンに7-6,3-6,4-6で敗れました。

ちなみに初出場の1990年は、サンチェスを破るもエドベリとアガシに敗れRR3位という成績です。
1991年はRRでベッカーに敗れていますが、3すくみになった結果セット率でベッカーを抑え2位でRRを突破しています。
その後は、1994年および1996年はRRでベッカーに敗れましたが、決勝でリベンジを果たしています。
その他、1995年はフェレイラに、1997年はモヤに敗れていますが、いずれもその後3すくみになった結果、1位でRRを突破しています。フェレイラはRR敗退、モヤは2位通過です。
1999年はRRでアガシに敗れましたが、決勝でリベンジしています。
そして2000年はヒューイットに完敗しましたが、ヒューイットは残り2戦を落とし、結局サンプラスが2位で突破しています。
言及がない年は3連勝での突破です。

今回調べて驚いたのは、サンプラスがRRを3連勝で突破してそのまま優勝したことは1度もないということです。

このうち3度は、RRで敗れた相手に決勝でリベンジして勝っています。
そのリベンジされた相手がベッカーでありアガシであるというのはなんともイメージによくあいます。
残りの2度では1991年はサンプラスを破ったベッカーがセット率で下回ってRRで敗退、1997年はサンプラスを破ったモヤは準決勝でカフェルニコフに敗れ再戦はありませんでした。

レンドルは初出場の1980年から9年連続決勝進出し、1989-91年も準決勝進出という成績です。

このうち1982-85年は勝ちぬき形式でした。

1980年はRRでコナーズに、決勝でボルグに敗れています。
1981年は無敗での優勝ですが、消化試合となったからかクレルク戦が行われていません。
勝ち抜き戦時代の4年間は1982・85年に優勝、1983・84年は決勝でマッケンローに敗れています。
その後1986・87年は無敗優勝、1988年はRRでラセク、決勝でベッカーに敗戦。
1989年はRRは3連勝も準決勝でエドベリに敗退、1990年はRRでベッカー、準決勝でエドベリに敗戦、そして1991年はRRは3連勝も準決勝でサンプラスに敗れました。

優勝5回はいずれも無敗での優勝です。


このほか、ナスターゼの4回の優勝のうち無敗優勝は2回です。
マッケンローは3回全て無敗での優勝ですが、そのうち2回は勝ち抜き制での優勝です。

ベッカーは面白いことに3度の優勝全て2勝1敗の2位通過からの優勝です。

フェデラーは6度の優勝中、RRでの敗戦を含むのはゴンザレスに敗れた2007年のみで残りの5回は全て無敗での優勝です。

そしてジョコビッチは5度の優勝中、完全優勝は3回です。
2008年の優勝時にはツォンガ、そして今年はフェデラーに敗れています。

この他、ボルグとヒューイットが2度優勝(いずれも2連覇)ですが、いずれも1回は無敗優勝、もう1回はRRで1敗しています。


歴代優勝者の勝ち上がりを調べてみるというのも、RR方式という独特のルールを持つWTFでは面白いかもしれません。
  1. URL |
  2. 2015/11/25(水) 17:40:38 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

決勝戦見ました。
かつての対ナダル戦でのフェデラーの負けパターンに見えました。

ジョコビッチが良かったというのもありますが、フェデラーはファーストサーブが
思うように入らず、ミスも多かったです。(選択ミスも含めて)
それもあってか、ジョコビッチは余裕のあるプレーをしていたと思います。
また、最後までジョコビッチのセカンドサーブを攻められませんでした。

ジョコビッチがやるべきことをやって、フェデラーはそれができなかった、
そんな試合だと思います。
全英、全米の決勝もそうでしたが、フェデラーはベストなプレーができませんでした。
重要な試合でベストなプレーができる、それが今のジョコビッチの強さでしょう。

ところで、細かいことですが、ジョコビッチは今季フェデラーに5勝しましたよ。
インディアンウェルズ、ローマ、全英、全米、ツアーファイナル、で勝ってます。
  1. URL |
  2. 2015/11/26(木) 17:14:02 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

>2R様

詳細に調査いただきありがとうございます。
サンプラスについて、実に興味深いですね。
あれだけの優勝回数がありながらファイナルで全勝優勝がなかったのは驚きです。
この辺がいかにもサンプラスといったところなのでしょう。
数字だけで見れば劣っているかのような部分なのですが
実際の大会を目の当たりにすると、今年のジョコビッチと同じで
RRで負けようが結局最後はサンプラス、やっぱり強かったという印象が強烈になります。
特に1999年などは、今年はもうアガシの方が強いだろうと思わせながら
ウィンブルドン決勝とそしてこのファイナル決勝ではサンプラスの強さが際立つ結果となりました。
特にRRではアガシが簡単に勝っていたのに、ファイナルではサンプラスのワンサイドという
正に今年と同じ現象が現れていました。


>ラカン様

フェデラーに5勝でしたね、失礼しました。
フェデラーは今年11敗でしたのでほぼ半分がジョコビッチということになります。
残りの6敗のうちトップ10に負けたのはバブリンカだけで
他はイズナーの当時13位というのが最高位でいずれも低いランクの選手でした。
それにしても年8回の対戦というのは歴代でもそうそうない回数なんじゃないでしょうか。
ナダルとジョコビッチが2007年と2009年に7回対戦していますが8回というのはありません。
一応2009年にダブルスで対戦しているのでそれも合わせれば8回ではあるのですが。

  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 09:12:17 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

今年のジョコビッチはフェデラーに1シーズン5回以上勝った初めての男ですからね。
そしてウィンブルドンで2年連続フェデラーを破った初めての男であり
全米でフェデラーに3連敗させた初めての男であり
全仏ナダルと全英フェデラーを同時に倒した初めての男であり
全てのグランドスラムでフェデラーに負け越しのない初めての男であり
私もこのブログに書くのは初めての男であり
まさに2006フェデラーを超える記録ずくめのジョコビッチだったわけですが
同時にフェデラーも初めての屈辱を沢山味わった年だったわけです。
特に芝の王者フェデラーがウィンブルドンでライバルに負け越しは、これ以上の屈辱はなく
芝の王者サンプラスがニヤリとし
  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 20:12:35 |
  3. 誰よりも狙われた男 #e8dqewdg
  4. [ 編集]

2006フェデラーと2015ジョコビッチはどっちが強いのか、気になりますね。
気になるというか実現は無理なので、想像するとワクワクするといったほうが正確でしょうか。

フェデラーは言うまでもなくですが、明らかにフォアの攻撃力/精度、フットワークおよび、攻められたときの球際が弱くなりました。

ナダルも08,10年の全盛期から運動量は落ちてますよね。プレイスタイル的にはよりそれが強さに直結する気がします。

全盛期には及ばない2人に勝っているという状態なので、史上最強なのか、なんとも言えないですよね。
めちゃくちゃすごいのは間違いないのですが。あんなsolidなリターン&ストローカーは過去に類を見ません。

来年の全仏、リオを取ったら実績的にほぼナダルに並びますね。

個人的には、やはりフェデラーの逆襲に期待してしまいます。
相当苦しいですが、リオは3セットが続くので体力的には有利かと。


  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 22:01:08 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

ジョコビッチのプレーは本当にsolidという言葉が当てはまると思いますが、今年は特にメンタル面もsolidになった気がします。相手に歓声が続いた時にイラついたレベルが落ちてくる事が多いのですがそういった場面も今年は殆どありませんでした。あってもそういう時のプレーを用意しているようでした。
来年はオリンピックイヤーですしGS、金メダル、ファイナルと揃えたら…(皮算用)。他の選手にも頑張って欲しいです。年齢的にも全盛期を迎えている2位の選手もデビスカップブースト(優勝して一皮むけることです)で頑張って欲しいですね。むしろデビスカップに力をいれるかどうかは年間スケジュールに大きな影響ですね。
  1. URL |
  2. 2015/11/28(土) 07:36:37 |
  3. ぽーち #-
  4. [ 編集]

フェデラーのインタビュー

管理人様お久しぶりです。
先日のATPファイナルにて、決勝の後のフェデラーのインタビューが印象に残っています。

ジョコビッチの勢いを止めるため、スタイルの転換が必要と思うか問われたフェデラーのコメントで、「特には必要ない。なぜなら、多くの選手に対応できるように、ゲームを改善していく必要があると思う。僕にとっては、ラファが難しい相手で、以前は彼への対策をもっと細かく練習していた」というのがありました。最近の彼では珍しく、優勝できなかった悔しさをいろいろ表に出ているなと思いました。

もう来年は35歳ですが、まだまだハングリー精神あるフェデラー、引き続き若手には高い壁となりそうです。
  1. URL |
  2. 2015/11/28(土) 20:47:09 |
  3. pixiyu #-
  4. [ 編集]

皆さま、コメントありがとうございます。

この10年は、フェデラーはナダルとジョコビッチに、ナダルはフェデラーとジョコビッチに
そしてジョコビッチはフェデラーとナダルにそれぞれ阻まれてきた歴史があるという
何とも異例の3すくみ期間であったことがわかります。

ロディックやヒューイットはほぼフェデラー一人に阻まれていた感じですが、
あのスコットランド人に関してはフェデラーとナダルとジョコビッチに阻まれ尽くされているというわけです。
場合によってはバブリンカも入ってくるでしょうか。一時はデルポトロとか?
でも3強以外であれば直接対決では大抵上回っているんですけどね。

来年、ジョコビッチがどの程度安泰であるかということも注目点ではあるのですが
2位争いというかジョコビッチをストップできる選手がいるのかというのは注目点ですね。
10年後から振り返ってみた場合、もしかしたら今年など、
ジョコビッチの生涯からするとまだまだ全盛期でない位なのかもしれませんよ。


  1. URL |
  2. 2015/11/30(月) 16:49:03 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/973-e7b1c18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター