レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2016年、ドバイ、アカプルコ

2月最終週では3トーナメントが行われています。
錦織の出ているアカプルコも気になるところですが、
選手層的に一番熱いのはドバイでしょう。
時差の関係で他の大会よりも一足先にベスト8まで進んでいます。

2回戦は8人全員がストレートでの勝利を収めています。
好調の選手たちが揃ったとみていいでしょう。
ベスト8の組み合わせは以下の通りです。かっこ内はシードです。

・ジョコビッチ[1]vsF・ロペス[6]
・バウティスタ・アグー[4]vsバグダティス
・ベルディフ[3]vsキリオス
・バブリンカ[2]vsコールシュライバー[8]

マスターズ500としては中々の顔ぶれです。
ノーシードで勝ち上がっているのはバグダティスとキリオスで
それぞれ初戦で第5シードのトロイツキと第7シードのクリザンを下しています。
初戦から今月好調のキリオスとクリザンの対戦が組まれていたんですね。
この勝負はフルセットでキリオスが制しました。
キリオスはベスト8でベルディフと当たりますが、これは全豪のリベンジマッチとなります。

若いキリオスの存在は目立ちますが、
勝ち上がっている8人のうち実に5人は30代の選手です。
このところあまり活躍の目立たなかったバグダティスや
滋味あふれるコールシュライバーの様な選手が勝っているのがいい感じです。
もっとも、ジョコビッチが今年29歳、バウティスタ・アグーが28歳ですから
全体的に年齢層は非常に高くなっています。


さて、アカプルコの方も気になります。
まだ2回戦が始まったばかりであまり大会が進行していませんが、
過去4回優勝しているトップシードのフェレールがドルゴポロフに敗退してしまったようです。
フェレールは去年の2月にマスターズ500大会を2つ制覇していて今月のポイント維持が厳しい状態でしたが
結局ここでも敗退してしまったために、かなりのポイントを落としたことになります。
今大会もトップシードではありましたが、ランキングは第2シードの錦織のほうが上になっています。
フェレールは現在8位で、9位のツォンガとの間にはまだ1000ポイントありますので更に下がることはないでしょう。
一方で7位ベルディフとは僅差なので、3月のマスターズ1000でのポイント挽回は可能です。

フェレールの敗退により大会における錦織の優位性は増したといえます。
ただ、思わぬベテランの奮闘や、若手の頑張りもあって大会によっては読めない展開となることもあります。
ドバイはベテランの活躍が目立ってますが、アカプルコでは若手のエントリーが目立ちます。
ティエム、トミック、ディミトロフ、ハリソン、そしてメンフィスで錦織と決勝を戦った
アメリカ18歳のテイラー・フリッツも勝ち上がっています。
錦織はこれらの挑戦を受ける側の選手になっているわけです。存在感あります。
今の高年齢層時代からすれば、この辺の若手の挑戦は一蹴してほしいものですがどうでしょう。
今年1月の大会ではトミックに敗退していますし、必ずしも順当な勝利が約束されているわけではないですが
コンディションはその時とは確実に違うはずですから今後の展開を見守りたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/02/25(木) 12:08:16|
  2. 2016年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<2016年、復活のナダル | ホーム | 2016年、2月のATPツアー>>

コメント

2月の大会あれこれ+要望

キリオスですが、先週ベルディヒを倒していますので実はリベンジを期すのはベルディヒのほうです。

先週のキリオスはガスケ、ベルディヒ、チリッチを破っての優勝でした。

マルセイユ、250大会でありながら第1シードワウリンカ、第2シードベルディヒ、第3シードにもガスケとかなりの面子でした。

一方で500大会でありながら寂しかったのがロッテルダム。
フェデラーとガスケが欠場したことでトップ10不在の大会となってしまいました。

そんな中ならトップシードのチリッチが優勝するかと思ったのですがそんなこともなく…結局クリザンが優勝。モンフィスはどうしてこうも決勝に弱いのでしょう。

ロッテルダムは昨年決勝を戦ったワウリンカとベルディヒが翌週のマルセイユに参戦。このあたりなぜなのか気になるところです。結局これが選手層の逆転現象に大きく影響しました。
まあロッテルダムの週はメンフィスも錦織以外は寂しかったですね。
フリッツの躍進でそんな印象は吹き飛びましたが、特にジョンソン、ヤング、クドラと地元アメリカのシード選手はクエリーを除いて全く奮いませんでした。
そのクエリーはデルレイビーチで見事に優勝。そしてまさにいま再び錦織との対戦です。
そしてフリッツも2回戦でエストレーリャ=ブルゴスと対戦しています。勝てば錦織対クエリーの勝者と対戦です。

一方でブエノスアイレスにはクレー巧者が出揃いましたね。しかしその筆頭のナダルとフェレールがともに準決勝で破れる波乱。
結局ティエムが制しました。
ティエムは翌週今度はフェレールをも下しました。そしてナダルはクエバスにも敗退。そのままティエムを倒したペジャにも勝ってリオデジャネイロを制しました。


ところで個人的な要望です。
大器晩成型の選手をピックアップして比較した記事を作っていただけないでしょうか?
現役のトップ選手ならフェレールやワウリンカが該当するかと思います。
そしてこんな記事が見たい最大の理由がフリッツの対戦相手として名をあげたエストレーリャ=ブルゴスです。
ここまでベテランになってから成績をあげた選手はかなり珍しいです。
経歴が経歴なのでデータ的には少々つまらない選手ですが、そのキャリアは非常に特殊で面白いものです。
他にはある意味でカルロビッチも年齢が上がってからシード圏内にきましたね。

そんな遅咲きの選手にスポットを当てた記事を、お暇がればいただきたいです。
  1. URL |
  2. 2016/02/25(木) 11:24:05 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

決勝戦9連勝なんてほんとにバブリンカらしい。調べたらGS初優勝となったあの全豪がスタートでした。
スポーツの世界でこういうのって確かにありますね。決勝での強い弱い。いくつか思い浮かびます。
バスケのマイケル・ジョーダンのブルズは6回NBAファイナル出て6回優勝したし、
プロ野球なら日本シリーズで負け続けた西本監督とか。←古っ(笑)
  1. URL |
  2. 2016/03/01(火) 01:37:39 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

バブリンカとバグダティスが同じ。。。

声。この二人、打球時に出す声、全く同じじゃないですか?私は判別できませんでした。
普通、一瞬TVの前から離れても、どっちが打っているかは(2選手とも無音でない限り)声からわかるのですが、
この二人は全く判別できませんでした。打球時から声を出すまでの間合いまで一緒です。

そして年も同じなんですね。バグダティスはアガシとの対戦もあるし、遠い昔に全盛期だった感があるのに比べ、
バブリンカはバグダティスの全盛期頃、まだランキング50位くらい。そしてフェデラーの陰で目立ちにくかったのもあり、
いくつか年が離れている印象でした。

選手によって、ランキングのカーブ曲線って本当に違うもんなんですね。ブルゴスみたいな人もいますし。
  1. URL |
  2. 2016/03/04(金) 21:23:56 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

意外な年齢差

意外にも同い年の選手といえば、

コリア・ナルバンディアン・ロディック・フェレール・ロブレド・ユーズニー

この6人は全員1982年生まれです。
特にコリアとフェレールが同い年というのは、活躍年代を考えると衝撃的です。

1981年生まれでもヒューイットのような早熟型もいればF・ロペスのような晩成型もいます。

ただ1980年生まれは妙に引退の早い人が多い印象を受けます。
ぱっと思いつくのはサフィン・フェレーロ・ゴンザレス。
しかし件のエストレーリャ=ブルゴスはこの年生まれです(※勘違いを訂正)。

調べてみるとX・マリスもそうみたいですが、マリスはあまりそういう印象ないですね。


もう少し年代を上げると、クーリエとアガシも同い年ですがなかなか面白い比較になります。
表舞台への登場が早かったのも、そして引退が遅かったのもアガシです。
しかし1位になったのが早かったのはクーリエで、クーリエの1位の期間はアガシの1位の期間とは全く交差しません。
ちなみにサンプラスは1つ年下、チャンは2つ年下に当たります。

また、ベッカーとムスターも同い年です。レンドルとゴメスもそうです(あとノアも)。

また、逆パターンでコナーズとボルグはほぼ同じ年代に活躍しましたが、4歳差です。
この時代のナンバー3のビラスはコナーズと同い年です。

また、ボルグとマッケンローは3歳差、ボルグとレンドルは4歳差、マッケンローとレンドルは1歳差です。
ビランデルはレンドルより4歳下です。レンドルとベッカーは7歳違います。レンドルとエドベリは6歳差です。

知ってる範囲でかき集めましたが、他に衝撃的な年齢差ってありますかね。
  1. URL |
  2. 2016/03/05(土) 08:04:53 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

デルポトロ

こんばんは。
管理人様、いつも楽しく見せていただいているのですが、この頃更新されてらっしゃらないですね。
復活を心よりお待ちしております。

復活と言えば、デルポトロが復活して、マイアミオープンで3大会目です。
マイアミでは、プロテクトランキングで出場するとのこと。
プロテクトランキングとは、期間限定で暫定ランキングを与えるとか書いてあるのですが、
具体的にデルポトロの場合は、どんなランキングで出場となるのか、
管理人様または他の方、教えていただけませんか?
宜しくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2016/03/25(金) 22:05:13 |
  3. ふうたん #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. |
  2. 2016/04/04(月) 06:40:14 |
  3. #
  4. [ 編集]

皆さま、ご心配をおかけしました。
ブランクを空けてしまい大変失礼しました。

色々とネタも提供してくれていたのに反応できずにすいませんでした。
いくつか遅ればせながら取り上げますと、

まず若い選手のうちで、2、3月はティエムとキリオスがいい感じで活躍しました。
特にティエムはクレーに強い選手ですから今期のクレーシーズンは期待したいです。
「期待」。この選手殺しともいうべき私のフラグも
長期ブランクを経ても尚健在かどうか確かめてみようじゃありませんか。


>モンフィスはどうしてこうも決勝に弱いのでしょう。

モンテカルロもロッテルダムと同じで、ファイナルセットの簡単な落とし方が解せないレベルでした。
元々5セットマッチには極めて強い選手なので、体力がないわけではありませんし、
やはり決勝の舞台が苦手なんでしょうか。これで決勝成績は5勝19敗です。

さて、モンフィスと対照的に

>決勝戦9連勝なんてほんとにバブリンカらしい。

実に2013年を最後に準優勝というのがないんですね。
201」年の時点では決勝成績4勝9敗でしたが、
その後9連勝してますので現在は13勝9敗です。
子の確変はかなり珍しい例だと思います。


>意外な年齢差

私は今ではまずテニス選手の年齢を見てしまうので
「意外な」という取り合わせは少ないのですが
一般的には印象の違う選手も多いことでしょう。
特に早熟の選手や晩成の選手が絡んだりするとそういうことが起きます。

個人的に、まだ年齢にこだわりを持たなかった時期の話で、意外だったのがベッカーとアガシです。
3歳しか違わないのですが当時はもっと遥かに差があると感じていました。
あとはビランデルとムスターですかね。こちらも3歳差ですが、やはり全然違う印象です。
両者は2回しか対戦がなく、80年代と90年代、全く違う時代の選手と感じます。

それから、選手自身の持っている印象もあると思います。
今やカルロビッチはテニス界の最長老というべき選手ですが大ベテラン感がないです。
アガシやサントーロやモヤが、いかにもベテランという感じで奮闘していたのに比べると随分とイメージが違います。


>デルポトロが復活して、マイアミオープンで3大会目です。
>マイアミでは、プロテクトランキングで出場するとのこと。

現在のATPでは、かなり明確にプロテクトランキングの定義がされていますね。
http://www.atpworldtour.com/en/rankings/rankings-faq

なんとなく読んでいきますと、
まず、6カ月以上の休養を取る選手が申請すれば認められる制度のようです。
(サイトには書いてはいないですが、恐らく何度でも取得可能です。
 あるサイトではデルポトロは2014年の時点で実に7回目の取得となってました)

ポイントの算出方法ですが、
休養をスタートした日から3か月後までのランキングから平均値を出します。
その平均値がプロテクトランキングとなります。

プロテクトランキングを使わなくても直接エントリーができる場合や
ワイルドカードで出場できる場合にはプロテクトランキングは有効ではありません。
例えばナダルが6カ月休養して復帰したとしても
ランキングが高すぎて復帰後も普通にエントリーできるでしょうから
こうした場合にはあまりメリットのない制度となります。

プロテクトランキングは復帰後最初の9大会かもしくは復帰から9カ月を経ることで失効しますが
休養が12カ月を超える場合は12大会または12カ月に延長されます。

で、実際のデルポトロのプロテクトランキングですが、
調べてみたものの正確な数字が明示されているわけではなく不明でした。
デルポトロは休養を実に多くとっているため、どこを起点として算出していいのかもよくわかりませんでした。

単純に、最後の大会出場が2015年4月のマイアミですのでそこを起点として考えてみると
本来は1000位台であるべきランキングがプロテクトでは500位台になります。
ん~確かにランクの底上げはされていますがマイアミにエントリーするには随分低い数字ですよね。
今デルポトロは300位台ですからプロテクトを使わないほうがましです。
起点の日付か算出の方法が違うのかな?

プロテクトランキングについて、概要は何となくわかりましたが
具体的な数字は結局よくわかりませんでした。
すいません。


  1. URL |
  2. 2016/04/19(火) 16:44:40 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/985-ca1b72da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター