レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

デル・ポトロのプロテクトランキング再考


さて、長期ブランクの前にコメント頂いた件でデル・ポトロのプロテクトランキングの話がありました。
ふうたん様よりいただいたコメントです。

私の方でもそれについて調べて少々返信の書き込みを行いました。
コメントの最後の方の部分です。


結論として、ATPサイトの記述から
プロテクトランキングがどんなものであるかは分かったが、
実際にデル・ポトロのプロテクトランクがいくつになるのかはわからない、というものでした。


ん~、一旦よくわからないで済ませはしたものの、
やっぱりどうしても気になってしまいまして、改めてもう一度確認してみました。

で、結論ですが、結局わからない!!

わからないです。

デル・ポトロが休みすぎというのもあるんですが、一体どこかから数えるべきなのか??

そもそも連続でプロテクトランキングって申請できるんですかね。
とにかく今回のデル・ポトロについてはいくつかの憶測を挟まないと解決には至らないと判断されました。

改めてプロテクトランキングについてコメント欄で記載した内容を転載します。


>現在のATPでは、かなり明確にプロテクトランキングの定義がされていますね。
>http://www.atpworldtour.com/en/rankings/rankings-faq
>
>なんとなく読んでいきますと、
>まず、6カ月以上の休養を取る選手が申請すれば認められる制度のようです。
>(サイトには書いてはいないですが、恐らく何度でも取得可能です。
> あるサイトではデルポトロは2014年の時点で実に7回目の取得となってました)
>
>ポイントの算出方法ですが、
>休養をスタートした日から3か月後までのランキングから平均値を出します。
>その平均値がプロテクトランキングとなります。
>
>プロテクトランキングを使わなくても直接エントリーができる場合や
>ワイルドカードで出場できる場合にはプロテクトランキングは有効ではありません。
>例えばナダルが6カ月休養して復帰したとしても
>ランキングが高すぎて復帰後も普通にエントリーできるでしょうから
>こうした場合にはあまりメリットのない制度となります。
>
>プロテクトランキングは復帰後最初の9大会かもしくは復帰から9カ月を経ることで失効しますが
>休養が12カ月を超える場合は12大会または12カ月に延長されます。

私の解釈がどこか間違っているのでしょうか?だとしたら申し訳ないのですが
どうにも解せない部分がありましたので再度検討してみたいと思います。


以下にデル・ポトロの状況を書きます。

2014年2月 ドバイ出場 大会後ランク7位

欠場11か月

ランク338位で復帰
2015年1月 シドニー出場 大会後ランク276位
2015年3月 マイアミ出場 大会後ランク555位

欠場11か月

ランク1042位で復帰
2016年2月 デルレイビーチ出場 大会後ランク420位
2016年3月 インディアンウェルズ出場 大会後ランク366位
2016年3月 マイアミ出場 大会後ランク340位


デル・ポトロも大変ですね。立て続けに欠場しています。

デル・ポトロは今年2016年のマイアミでプロテクトランクを使って出場しました。
マイアミはデル・ポトロにとって復帰後3大会目になりますが、前2大会はワイルドカードでしたので
実質プロテクトランクを使ってエントリーする最初の大会ということになります。

で、そのプロテクトランクはいくつなのかというと、
単純に考えれば、2015年3月が最後の出場なので、555位の時点でプロテクトがかかったことになります。
で、そこから3ヶ月後までの平均で算出するので、3か月後が572位、
すなわち凡そ500位台後半がプロテクトランクということになるでしょう。
でも500位台ってあまりにも低すぎてとてもマイアミにエントリーできるレベルではないです。

デル・ポトロは復帰後最初のデルレイビーチでいきなり準決勝に進出したので
本ランクは420位にまで上がりました。
これで既にプロテクトランクを超えてしまっています。
全くプロテクトランクの意味がないことになるんです。

ATPの記述からはここまでしかわかりませんでした。
仕方がないので、ここで仮説を出す必要があります。
注目は、今回の欠場の前にも、もう1つ2014年2月からの欠場があるということです。
この時はランク7位で欠場に入っているわけですが、
2015年に一旦復帰した時には当然ながらこの時のプロテクトランクが採用されたはずです。
この時の欠場では最初の3ヶ月は7位からほとんどランクが動きませんでしたので
プロテクトランクも7位ということになります。

つまりデル・ポトロは2015年に一旦プロテクトランク7位で復帰したものの、
すぐにもう一度欠場してしまったということになります。
プロテクトランクが効いている間にもう一度プロテクトをかけるとどうなるのか?
もしかしたら本ランクではなく、プロテクトランクにプロテクトがかかるのではないでしょうか?
そうなると、今回500位ではなく、7位のほうが採用されたことになります。

7位であればマイアミにも余裕でエントリーできます。
やれやれこれで解決か、と思いきや、そうもいかない部分がありました。
7位って今度は高すぎるんです。シードです。
ランク一桁台であればどんな大会であれ余裕でシードがもらえます。
しかし、デル・ポトロはマイアミでシードされていませんでした。

ここでもう一つの仮説です。
プロテクトランクでは、如何に高位であってもシード権はもらえない、というもの。
ここまで来ればようやくそれらしい感じになってきます。

しかし、2つも仮説を立てないと納得できない制度というのも、
一見簡単で明確に定義されているようでいてなかなか難しいものなんですね。

こんな長々と書いておきながらどこかで思いっきり間違っているかもしれませんが
その際にはご容赦ください。

結局のところ、あくまで私の勝手な憶測が思いっきり入っての記事ですので
結論は変わっていないです。

「よくわからない」


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/04/20(水) 17:53:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2016年、ナダルがバルセロナ制覇 | ホーム | 2016年、復活のナダル>>

コメント

管理人さま

個人ブログの情報ですが、仮説の1つにあげられた「プロテクトランキングはシードに使われない」は事実かもしれません。

少し古いですが、2011年2月のSAPオープンで、デルポトロはプロテクトランキング5位で出場していて、5位というのは全出場者の中でランキングトップのため、単純に考えると第1シードでの出場となるはずですが、シードは与えられていませんでした。

この事実からも、プロテクトランキングはシード決定に使われないというのは、そうなんだと思われます。
まぁルールブックに書かれていない(?)のは少し気持ち悪いですが…
  1. URL |
  2. 2016/04/20(水) 23:46:06 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

このレベルの確認だとランキングFAQではなくルールブックを見ないとダメだと思います。
ATP公式サイトの一番下(フッタと言うんでしょうか)にリンクがあり、その先からPDFで取得できます。
ちなみにメディアガイドと共に毎年更新されています。

細かいところまでは見ていませんが、とりあえずシードにプロテクトランキングは
どうやら考慮されないことを確認しました。
105ページ、7.14 Seeds Definitionを参照。
ちゃんと調べればプロテクトランキングの規定も事細かに載ってると思います。
  1. URL |
  2. 2016/04/20(水) 23:59:02 |
  3. BT_BOMBER #-
  4. [ 編集]

>karo様
>BT_BOMBER様

情報いただきありがとうございます。
仮説の1つが正しかったことが証明されて嬉しい限りです。

しかしこんな分厚いルールブックを読むのはさすがに骨ですね。
FAQ部分が結構多く、自分が知りたい項目と重なる部分がある意味分かりやすいのですが
パッと探した感じはもう一つの仮説部分については見つけられませんでした。
結構な量なのでどこかには記述があるのかもしれません。


  1. URL |
  2. 2016/04/21(木) 09:14:25 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

プロテクトランキングについて

こんにちは。
おっしゃる通りプロテクトランキングが有効なのはエントリーのみです。
シードには適用されません。

デル=ポトロに関しては多分7位だと思います。
そこに関してはmen's tennis forumが便利ですよ。
公式ではないですがかなり正確性の高い情報が得られます。
各大会のエントリーリストもあり、エントリに利用したランキングも記載されていますし選手のOUTの情報も逐一更新されて非常に便利です。

http://www.menstennisforums.com/4577-mutua-madrid-open/773929-madrid-entry-list-updated-april-19-2016-a.html
参考までにマドリッドのエントリーリストです。


プロテクトランキングに関してはたしか復帰後すぐに再度長期欠場したら使用期限を一旦リセットできるという話をちらと耳にしました。
それで昨年の復帰がリセットされて今年再度復帰に7位のプロテクトを使っているというのがおそらく正解だと思われます。
ただし自分は英語がからきしダメなのでどこにそれが書いてるのかは正直わかりません。


追記
かなり遅いですが、今年からデビスカップにはポイントがつかないらしいです。
そしてなんとオリンピックにもつかないのだとか。

まあ、テニスツアーってあんまり国関係ないですもんね。
  1. URL |
  2. 2016/04/21(木) 09:54:33 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

ありがとうございます。
tennis forum活用させていただきます。
プロテクトランキングについてはなんとなくあれこれ考えた結果が
おおよそ正しかったようなので個人的には満足感を持っております。

それとポイントの件ですがトーナメントでないデ杯にポイントが付くのはちょっと違うかな
と思ってたのでこれはこれでいいんじゃないでしょうか。
オリンピックにしても、国で出場選手が絞られますので
強豪国からは本来いるはずの選手が不参加ということもあったでしょうから考え方としては分かります。
注目度の非常に高いエキシビジョンと割り切ればポイント対象外としても悪くないと思います。

  1. URL |
  2. 2016/04/22(金) 09:00:50 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/987-4b591eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター