レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

ジョコビッチのバックハンド

さて、前回記事レンドルのバックハンドに続く記事です。

片手打ちバックであるにも関わらずストローク戦最強を誇っていたレンドルに
比較的効果的に対抗できていた両手打ちバックの選手がメチージュだった、というのと、
しかしメチージュには少しパワーが足りずそれがあれば完ぺきだったのにと思ったのだと、
ざっと振り返れば前回はそんな感じです。

で、今回は、そんな惜しいメチージュの不足部分を見事に補ったバックハンドの持ち主、
ジョコビッチを取り上げるというのが趣旨となります。

私は以前ブログで、メチージュのバックハンドを例に上げ、
それに近いものを感じるとしてジョコビッチを取り上げたことがありました。

その記事、探しました、実に9年前です!!

まだ確変する前のジョコビッチですが、プレーの印象が今とさして変わらないのには驚きです。
早くから完成された選手だったのがわかります。ジョコビッチは当時まだ20歳でした。
記事の中ではいくつか不安な点を上げていますが、
その中の、体が弱いという部分は皆さんご承知の通りその後見事に克服しました。

あと、サーブを打つ際の背中の反りが大きい部分を気にしています。
これは今となってはさほど気になる部分ではないですね。
以前は線が細かったのもあり、かなり反ってたように感じましたが
改めて見てみると、まあ多少は、という程度はありますがそれほどでもありませんでした。
印象というのは変わるものですね。

さて、肝心のバックハンドに行きます。
ジョコビッチのそれは正に攻防一体、緩急自在のショットです。
2007年時点ですでにそう感じていたのですから、現在の完成度は想像を絶するでしょう。
ジョコビッチが登場する以前の最強の両手打ちバックハンドは恐らくサフィンだと私は思っています。
サフィンは背の高い選手でしたが、低いショットでは膝をよくまげてしっかりとした対応をしていましたし、
高い球にはあの強烈な叩き付けるショットで、他を圧倒していました。
フルスイングの威力だけならジョコビッチよりもあるかもしれませんが
場面によってショットを使い分ける必要がジョコビッチ以上に多かったように感じます。
ジョコビッチは低い球でも高い球でも速い球でも遅い球でも同じフォームで対応できます。
もちろんショットの種類そのものが多彩な選手なので実戦では様々なショットを使い分けますが
例えば低い球にはこの打ち方でないとダメということがなく、
どの場面でどの引き出しを持ち出しても大丈夫というのが大きな強みといえます。

柔軟性、汎用性に関しては史上屈指のものがあるのは間違いないでしょう。そしてあの威力です。
正にフェデラーのフォアと同じ様相を呈しています。
因みにジョコビッチのフォアもこれまた完成されたショットですが、
サフィンのバックに似て低い球と高い球でスイングの軌道が違っています。
フェデラーのフォアや自身のバックハンドと比べるとそこまで柔軟なショットではありません。
まあ威力はそれ以上でしょうけどね。

昨年の全仏開催中にビランデルが新聞紙上で
歴代最高のショットをランキング形式で取り上げるというのがありました。
フォアハンドは1位がフェデラー、バックハンドは1位がジョコビッチとなっていましたが
私の思いとビランデルの考えがこの2点について一致していたことになります。これはかなり嬉しいですね。

私の場合はバックハンドは片手と両手を分けたいので、
これに更に追加して両手バック1位はジョコビッチ、片手バック1位はレンドルとしたいところですが。

さて、ジョコビッチのバックハンドでいつも関心されられるのが低めの球の処理です。
通常、両手打ちは片手打ちよりも低めの処理が難しいとされていますが、
ジョコビッチの場合はこれがまた実に見事なんです。
いくつかのパターンがありますので、順にみていきましょう。

djo-back1.jpg
まずは両手打ちの選手の最も基本となる対応策、片手で打つスライスのバックハンド。
完全に守備のショットと割り切って打ちます。
リーチが長く、滞空時間を稼げるスライスは守備のショットとしては非常に有効です。
かつては片手打ちが苦手な選手が両手打ちになるという例が多かったため
両手打ちの選手はスライスが苦手ということが多くあったのですが
近年は両手打ちの方が有効だから両手打ちになるという例が多いため、
両手打ちの選手でも非常に巧く片手でスライスを打ちます。
ジョコビッチもよく抑えの効いた回転の強い良いスライスを打ちます。
ジョコビッチはドロップショットの名手でもありますがスライスを得意としているのと関係は深いでしょう。

djo-back2.jpg
膝を曲げて腕を下げて、しっかりと下から打っていくパターンです。
両手打ちのままで低めのショットに対応するには最も基本となるショットです。
先述のサフィンはこれがすごく綺麗に打てていました。
膝をきちんと曲げないで腕だけで対応することも可能ですが、
それでは手打ちになってしまいショットに威力が乗りません。
回転のかかった深い球を打つにはしっかりと下から打つ必要があります。
基本のショットではありますが、どちらかといえば時間に余裕のある時に使うショットですので
ラリーがスピード化した近年ではあまり多用はされていないように感じます。
時間に余裕があるということは、球が落ちる前に踏み込んで行ってより高い打点で打つとか、
回り込んでフォアで打つとか他の対応策が考えられますから。

djo-back3.jpg
ジョコビッチの真骨頂ともいうべきお馴染みのこの追いつき様のショット。
滑りやすいクレーで多用するというのはわかりますが
グラスだろうがハードだろうがジョコビッチはお構いなしに披露してくれます。
下半身が強い、バランス感覚が鋭いといったのもあるでしょうが、腕、肘、手首がまた強いんでしょう。
レンドルのフォアがその鞭のようなしなるスイングで有名でしたが、ジョコビッチにも同様のものを感じさせます。
パワーというよりもしなやかな筋肉こそがテニスには必要なのだということがよくわかる例です。
因みにジョコビッチのこのショット、バックだけじゃなくフォアハンド版もありますね。

djo-back4.jpg
追いつき様のショットの更なる発展版ともいうべき打ち方ですが、
少し余裕を持って追い付いているのでスイングをしっかりしています。
数あるジョコビッチのバックハンドの中でも特に私が感心させられたのはこのショットです。
画像ではランニングショットで使っていますが、静止した状態で打つこともできます。
注目は上体の傾きです。これ、上体を起こすとそのまま水平に叩くショットのスイングになるんです。
つまり攻撃的なショットで使う上体のスイングをそのまま低いショットにも対応させているというわけで
その汎用度や威力の持続性は、それまでに抱かれていた、
「両手打ちは低い球を守備的に打つことしかできない」という概念を覆したものと言えます。

djo-back5.jpg
これ!
もはや守備だか攻撃だかよくわからないですが、
とにかくダイナミック!という見事な一枚です。


以下ジョコビッチのバックハンド画像集。
djo-back6.jpg

djo-back7.jpg

djo-back8.jpg

djo-back9.jpeg

djo-backb.jpg

もはやどっちに向かって打ってるかさっぱりわからんレベル。
上体のねじりも凄い。

長らく取り上げたかったんです、ジョコビッチのバックハンド。
今回、レンドルの記事から派生した勢いで、ふいに取り上げる形となりましたが
なんだか一つ達成した気分です。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/04/25(月) 20:02:06|
  2. テクニック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2016年、比較!錦織vsチャン | ホーム | レンドルのバックハンド>>

コメント

途中からヨガの写真にしか見えませんでした。笑
類稀なる柔軟性、これも生まれ持っての才能ですね。
相手からしたら攻めても守ってもポイントが取れない、ゴム人間を相手にしてる感じなんでしょう。


そのジョコビッチが、(リップサービスもあるでしょうが)最高のバックハンドの1人として認める錦織には、さらなる高みを期待してしてしまいますね。

サフィンのバックハンドもカッコよかったですよね。
カフェルニコフもカテゴライズされていた、ロシアンフラット。
シンプルなのに威力コース抜群のリターンも素晴らしかったです。

フェレーロのバックハンドも好きでしたが、早いコートの球際に難があった印象。。
  1. URL |
  2. 2016/04/25(月) 22:10:55 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

サフィンのフラット打ち懐かしいですね~あのバックハンドで大ファンだったので今でも動画見るくらいです。
サフィンの場合、根本的にプレースタイルがもうちょっと大人しければ印象違うんじゃないかなぁと思うんですが、まぁあの癇癪持ちな性格だからこそ印象的なのかもしれませんね。
個人的にバックハンドでいえばマレーはジョコビッチにかなり近いレベルなんじゃないかと思います。マレーの場合は主に攻め時に打たないことが多すぎてイライラしますが(笑)。

そういえばジョコビッチのサーブといえば、2011年より前までは毎年フォームが変わってるのを覚えています。特に2009年頃は顕著で
https://www.youtube.com/watch?v=d5dCQva8TN0←腕が一度完全にストレートになってスムーズではないですね。

ジョコビッチといいナダルといい、プロ生活の中でよくフォーム変えるなぁと感心します。
  1. URL |
  2. 2016/04/25(月) 23:48:40 |
  3. TOTO #-
  4. [ 編集]

>ATPウォッチャー様

錦織は実際に凄いバックハンドの持ち主ですよね。
現役で行けばトップ5は間違いないし、トップ3にも入ってくると思います。
もはやベストという人もいるかもしれないです。

あと、カフェルニコフ!そうでした、いいバックハンドでした。
グラスコートなどではネットプレーも頻繁に見せたん選手でして、
両手打ちであれほど強烈なショットを打つのにネットもこんなにこなせるんだ
と感心した思いがあります。


>TOTO様

詳しく観ていくとなるほどサーブはフォームを変えていますね。
今のほうがずっと無理のないフォームになっている印象です。
なるほど、かつて私が背中を気にしたのもなんとなくわかります。
やっぱり腕の使い方ですかね、特に変わっている部分は。
前は無理して下から上にパワーを持っていこうとしていたというか。
なんとも上手く説明できませんが。

90年代テニスを観れば誰しもがサンプラスのサーブに憧れたと思います。
あのカッコいいフォームを形だけ真似するとトスを上げた時の下がった肘が
爆発力を生む気がして同じようにしたくなるのですが
自然な流れであれができないんですよね。
まあジョコビッチがサンプラスを手本にしようとしてたかはわかりませんが。

  1. URL |
  2. 2016/04/26(火) 13:54:45 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

開脚

動画で見ていると気づかないものですが、こんなに脚を広げて打っている時があるのですね。
まずクレーの写真を見て驚き、紫のウェアの写真に唖然。
これテニスじゃなくて、フィギュアスケートかなんか他のスポーツみたいです。
と書こうとしたら、既にATPウォッチャーさんがヨガと表現されてますね。
  1. URL |
  2. 2016/04/26(火) 21:56:52 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

これまで画的にはベッカーのダイビングボレーかサンプラスのジャンプスマッシュが
随一かと思っていましたが、遂に超えましたね。
ショットの種類が多彩なのもいいです。

今、テニスの画像検索で一番のお勧めはと聞かれたら
迷うことなくジョコビッチのバックハンドと答えます。

  1. URL |
  2. 2016/04/28(木) 11:01:20 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/990-49dc6025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター