レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、バルセロナは決勝へ

ATPツアーはクレー大会の真っ只中ですが
日本では連休前のドタバタとなっております。
私もなかなか時間が取れませんで、
記事の書き込みも試合を観ることさえもできずにここまで来てしまいました。

今大会、第2シードの錦織が怪我で棄権でっていうのはもう情報が古いですね。
代わりの杉田が凄く頑張って、というのももう前の情報になってしまいました。
しかし、これはとても喜ばしいことです。

ジョコビッチが大いに伸びていった時のことを思わせます。
セルビアではジョコビッチという例外的に強い選手の登場をみたわけですが
それが相乗効果となり、他の同国選手たちの活躍をも生み出しました
デ杯の優勝は一人の存在だけでは達成できません。
ジョコビッチが他の選手たちを引っ張り、国としての底上げが行われたのです。

日本でも今回の杉田の結果は、錦織一人の存在だけではないということの証明になり得ます。
もちろん先日の西岡の活躍も記憶に新しいところでしょう。
ATPのランキング100位以内の日本人選手は今現在この3人だけですが
150位にまで広げればダニエル太郎と添田がいますし2、00位まで見れば更に4人、
伊藤、内山、サンティラン、守屋の名前を確認するできます。
日本選手の底上げは如実に行われてきています。
20年前は松岡修造単体でしたが、今は違います。とても嬉しいことです。
後はエース錦織が今のパフォーマンスをもう数年維持してほしいというのが願いです。

さて、大会の台風、杉田を最終的に止めたのはティエムでした。
今クレーシーズン再注目の選手です。
準決勝ではマレーをも下して決勝に進出しました。
今時点ではNo.1を敗退せしめたというよりも
クレー適正で上位のティエムが順当に勝ったという考えもできます。
それほどマレーとジョコビッチからはオーラが消えかかっているということでもあります。
むしろマレーは準決勝までよく勝ってこれたとさえ思えてしまいます。
復調までこの調子で1試合ずつでもギアを上げて行ってほしいです。
ダメなマレーが僅かずつ上向いていく姿はもう何度も見てきましたからこちらとしても慣れたもんです。
その意味ではジョコビッチのほうが心配といえましょうか。

ゴファンとズベレフもクレーシーズン期待の選手ですがどちらも今回は早期敗退となりました。
モンテカルロではベスト4まで行き、そこで神経をすり減らすことになってしまったゴファンはともかく
ズベレフはハードコートでのパフォーマンスと同等のものをまだ発揮できていません。
スタイルが合わないとは思えないので慣れとかコンディションとかなんでしょうか。
試合を観ていないので正確なことは言えませんが
クレー適正の点で不安があるとすれば守備力かなと思っていました。
攻撃力は破格ですから、あとは粘りのプレーができるようになれば結果はついてくると思います。

決勝はナダルとティエムになりました。
ナダルはさすがです。モンテカルロに続いて得意な大会で決勝進出ですから
ナダルの凄さに手放しの称賛もできる部分もあります。
しかし、それでも私はいつものことながら心配も頭をよぎってしまいます。
さすがのベテラン、体力が持つのだろうかという点です。
ティエムのようなスピード感のあるショットを打つ選手との対戦では脚力も多く使うでしょう。
勝っても負けても消耗は大きいと思います。
ここまでの快進撃は素晴らしいですが、全仏を見据えるのであれば
マドリッドかローマでは調整を考えてもいいのではないかと思えてしまったり。

まあ先の心配をしても仕方ないですね。
いずれにしろ、決勝では全力の戦いが観られることでしょう。
今現在のクレーでは頂上決戦と言っても過言ではない選手同士の対戦となりますから
見事な試合になってくれることを祈りましょう。
ティエムの片手バックハンド期待の星です。
片手バックの天敵ともいうべきナダルをどう攻略するか。
その戦い方は要チェックです。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/30(日) 09:21:11|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2017年、モンテカルロはナダル

優勝はナダルでした。終わってみれば圧勝でした。
同一大会10回優勝はオープン化後初、クレーコート50タイトルも歴代最多ということで
フェデラーと同様にここへきて尚、伝説を書き換えにかかっています。

もちろん純粋にこの結果は嬉しいですが、元々団子状態とされていた中での結果ですから、
ナダルがクレー王座に復活ののろしを上げたということなのか、
はたまた他の候補勢が軒並みつぶれあった要因が大きいからなのか、
その辺りの判断はつきかねます。

間髪を入れずにバルセロナがありますし、そのままクレーシーズンは続いていきますが
恐らくナダルもかつての調子で戦い続けることはできないでしょうから
どの程度のペース配分をしていくのかは大いに気になる部分です。

トップ2があの状態ですので、他の選手にはチャンス到来のはずなんですがどの選手もいまいちピリッとしません。
実力的には錦織などは大いにチャンスというはずなのですが、いかんせん手首の怪我というのは大きいです。
下手をすればジョコビッチ、マレーよりも深刻といえるかもしれません。

今大会、ナダルという存在があったとは言え、準優勝者がラモス・ビノラスであったという点は
今年のクレーシーズンが混戦になり得ることを十分に予感させてくれています。

もちろんモンテたカルロで不甲斐なかった上位選手たちが今一度奮起することもあり得るでしょうから
そうした部分も含めた力関係の推移を注視していきたいと思います。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/25(火) 09:19:14|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2017年、モンテカルロはべスト4

うぬぬ、第1シードのジョコビッチ、第5シードのチリッチも敗退しました。

・ラモス・ビノラスvsプイユ
・ナダルvsゴファン

一応残っているのは全員シード選手ですが、ナダル以外は下位シードです。
あくまでもこの混戦模様はクレーシーズンの最初だからなのか
そういう時代に突入したということなのか。

ゴファンはティエム、ジョコビッチを連続撃破しています。
そして次にナダル。楽しみです。

ジョコビッチはいかんですね。
かつてのショットの正確さがありませんし
何よりも集中力がないように感じます。

まあジョコビッチのことだから修正してくるだろうと思い続けて早1年近くですよ。
今大会のマレーのプレーを私は観ていないですが同じ感じなんでしょうか。
2強時代崩壊も近いのか今年中に復権を果たすのか。

事実上の王者フェデラーはクレーシーズンに出てきませんので
ランキングポイントで1位になることは考えにくいです。
ただもしもそうなってしまったとしたら他の選手の不甲斐なさを嘆く必要があります。

そうならないためにも他の選手は奮起しないと。

それがナダルであったならば
やっぱり他の選手の不甲斐なさを嘆くことにもなるんでしょうけど。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/22(土) 07:24:44|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2017年、モンテカルロはベスト8

うむむ。シード勢が安定しません。

トップハーフのマレーとバブリンカが敗退しました。
正直もう少しやるとは思ったのですが、いよいよ各選手の力関係が近接してきているんですね。
その他、ツォンガ、ディミトロフ、バウティスタ・アグーが早期敗退してます。

ティエム、ベルディフ、ズベレフも敗退していますが相手はそれぞれゴファン、チリッチ、ナダルで
シード同士の対戦ですからこれはまあまだ良いでしょう。

またボトムハーフはジョコビッチもナダルと残っています。
これはこれでありがたいのですが、できればこの二人には決勝で当たってほしかったです。
このままでは準決勝が一番の盛り上がりで決勝が消化試合ということにもなりかねません。

これを打破するにはトップハーフで残っている選手たちが
決勝でジョコビッチが来てもナダルが来ても善戦できるパフォーマンスを見せてくれないといけません。
まあジョコビッチもナダルも決して勝ち上がりが保障されているわけではないわけですが。

マレーを破ったラモス・ビノラスとバブリンカを破ったクエバスは典型的なクレー巧者です。
どちらも中堅からベテランという年齢で、もちろんクレー戦績が圧倒的に良く
ツアー全体としては地味な印象の選手と言えます。
しかし、トップとの実力が拮抗しつつある今日のような時代だと
こうした選手がパッと活躍することも充分に考えられます。

こうした選手を相手にジョコビッチ、ナダルがいかに王者感を出せるかというのが今後の見どころとなるでしょうか。

ナダルはズベレフを圧倒しました。意外な大差での勝利だったといえます。
次にはジョコビッチがゴファンと対戦します。同じく突き上げ勢力を相手にするわけです。
タイプ的にも過去の対戦的にも与し易い相手だと思うのですが
今大会は2戦とも苦戦していてまだ本調子ではなさそうなのでしっかりとした戦いが必要です。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/21(金) 09:53:19|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年、モンテカルロマスターズ開幕

クレーシーズンの到来です。

かつて、クレーシーズンというのは少々つまらなかったものです。
しかしナダルの登場とともに特にコアな季節に様変わりしました。
その後ナダルが力を落としてもまだまだ注目度は大きいです。

グランドスラムの他にマスターズ大会が3つもありますし
選手によってはこの季節をいかに乗り切るかが年間成績のカギを握ってすらいます。

体力がものをいうクレーコートでの戦いは若い選手に有利になる傾向にあります。
しかし今は若手不足。この辺りがどのように作用するのか、
先が読めないという面白さも今のツアーの特徴といえるのではないでしょうか。

モンテカルロはトップ選手にとて出場義務が免除された大会です。
しかし今大会では多くの選手がエントリーしています。
上位選手で不参加を表明しているのはフェデラー、錦織、キリオスだけです。
※ラオニッチも不参加だったようです。ご指摘いただきました。

マレー、ジョコビッチのトップ2は年初のハードコートシーズンは低調でした。
両者とも、もうベテランと言える年齢ではあるのですが、
クレーシーズンではもう少し活躍をして、落としたポイントを取り返さなくてはいけません。
昨年の今時点ではジョコビッチの一人勝ちのような印象を与えていましたし、マレーも充分な実績を上げました。
僅か1年で随分と雰囲気が変わるものです。
トップ2の復調如何は今後の勢力図の大きなカギを握ることになるでしょう。

かつてのクレーキング、ナダルはモンテカルロで9回もの優勝を果たしています。
今年に入ってから復調気味ではあるものの、まだ大会優勝はありませんので
相性の良いこの大会でタイトルを取って勢いをつけたいところでしょう。
しかし、以前の圧倒的な力はありませんので、では本命かと言われればそうは言い切れないのが正直なところです。

第3シードのバブリンカも、優勝候補の一角を担っているといえます。
2014年の大会優勝者で、全仏タイトルもありますのでかなりの本命感を出していますが、
意外にもこれまでのクレーマスターズ実績はあまり良くありません。
実にあっさりとした負けが多いのには驚かされます。
グランドスラムに照準を合わせているかのような立ち回りをする選手なので
他の選手からすれば贅沢の極みですが、マスターズを練習大会的に捉えているのかもしれません。
通常であれば可能性はあるが本命、次点にも入るか入らないかといったところの選手です。
しかし今回は少し違うと思います。モンテカルロは全仏まで期間もありますのでここで少しばかり力を注ぎ込んでも
全仏で息切れしてしまうということにはなりません。
混沌としている力関係の中ですから、こういう時に優勝をさらい易いというのもあります。
意外やこういう時のバブリンカは結構やる気がします。
ということで、私としては優勝経験もあるバブリンカを大会のキーマンと捉えています。

近年は、クレーコートでもハードコートライクに戦っていける部分があります。
以前のスタミナ全振りの戦い方でなくでも、調子が伴えばパワー型の選手が相手を圧倒することも可能です。
そうした選手が突発的に活躍することもあるでしょう。
ただ、そういう選手は1試合、1大会の結果が良くてもその後が続きません。
もちろんハードコートでも同じ傾向といえますが、クレーでは更に際立って影響してくる部分です。
チリッチやズベレフといったパワー型の選手の一回性の戦い方を気にしつつも、
クレーシーズンを通じての成績ではより期待が持てる、ゴファンやティエムといった選手の成績にもまた目を向けておきたいです。

特に私個人としてはティエムやディミトロフはフェデラー、バブリンカの後を襲う片手打ち期待の星ですから
クレーでも戦えることを充分に示してくれないといけません。



テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/17(月) 12:04:05|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター